看護師の大変さ

看護師といえば、現代社会において需要の高い職業の一つで、社会的地位も高く、職がなくなる心配がありませんし、お給料も安定しています。やりがいもあるので一見、傍から見ると良いイメージがあります。しかし実際は需要が高くても供給が間に合っておらず、看護師不足に陥っているし、お給料が高い分、夜勤などの過酷なシフトを強いられ、責任の重く圧し掛かる業務にストレスを感じる看護師が多くいるのです。やりがいがある仕事ですが、それが故の大変さや苦労は免れないのです。日勤夜勤バラバラの勤務形態で、身体はボロボロ、人間関係や、張りつめた環境に置かれているため、精神的にもいっぱいいっぱい…なんて看護師は少なくはありません。看護師になるには大変な苦労がいります。専門学校や大学の看護科に行き、看護学を学び、辛くきつい実習を耐え抜き、晴れて看護師になっても、それから先も苦労や大変さは続き、疲労が貯蓄し、うつ病にまで陥る人もいます。それもそのはず、医療業界の中で最も大変・過酷と言われるのが看護師なのです。雑用から医師の医療補助と業務の幅は広く、看護師の負担は減ることがありません。しかし、看護師の多くは「患者さんが元気になった姿を見るのが喜び」だとか「患者さんとの関わり、触れ合いが楽しい」と思って看護師を続けている人も多くいます。患者である私たちができることは、病院に行ったときに、医師だけでなく、看護師にも感謝の気持ちを持つことだと思います。病院だと医師だけがクローズアップされがちですが、看護師あっての医師だと思います。なので看護師のみなさんにもきちんとした敬意を表するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です